そばで痩せるには3つののポイントを抑えておく必要がある

そばと言えば、健康によい食品として有名ですが、実はダイエットにも有効です。

 

 

そばは炭水化物なので、ダイエット効果は低いと思われがちですが、やり方次第では、痩せることも可能なのです。そのためには、3つののポイントを抑えておく必要があります。まず、1日3食のうち、1食だけをそばに置き換える方法で行うことです。これが、そばによるダイエットの基本的な方法となります。

 

 

 

ここで重要なのは、そばの原料がそば粉である点です。そば粉はカロリーが低く、うどんやラーメンのような小麦粉を使う麺よりも、血糖値が上がりにくいという特徴があります。つまり、そばは炭水化物の中でも太りにくいものであり、ダイエットに向いているということです。

 

 

炭水化物を減らす場合、まったく摂取しないことで、体調を崩してしまう失敗がよくありますが、太りにくい炭水化物であれば、その問題は解消できます。そばのダイエットは、1食より2食、2食より3食を置き換えた方がダイエット効果は大きくなりますが、継続することを考えれば、最初は1食から始めるべきです。いきなり3食にすると、飽きてすぐに投げ出したくなることも考えられます。

 

 

まずは1食を1週間くらい続けてみて、できそうなら、そこから徐々に増やしていくのがよいでしょう。もうひとつのポイントは、「どんなそばを食べるか」という点です。そばは、そば粉の割合によって種類があり、そば粉が少ないものには小麦粉が含まれています。しかし、小麦粉は太りやすいので、なるべく少ないものの方が、効果が大きくなります。そのため、そばでダイエットをするなら、「十割そば」がおすすめです。お店でよく見るのは、この十割そばか二八そばですが、十割の方は色が濃いという特徴があります。

 

 

二八は、小麦粉が混ざっている分だけ白っぽくなりますが、十割のものは、そば粉の色がそのまま出ているわけです。そば粉がたっぷり入った十割そばなら、ダイエットは成功しやすいでしょう。そして最後は、付け合わせに注意することです。一口にそばと言っても、その食べ方はさまざまであり、一緒に食べるものによっては効果に違いが出てきます。

 

 

例えば、人気の高いものでは「天ぷらそば」がありますが、天ぷらには油も小麦粉も多く含まれているので、ダイエットでは避けるべきものです。そばがどんなに太りにくくても、これを食べたのでは、効果を妨げてしまいます。そのため、確実にダイエットをするなら、「かけそば」や「ざるそば」といったシンプルなものを選択しましょう。何かと一緒に食べるとしても、きのこや海藻類などの低カロリーなものであれば、ダイエットへの影響はありません。それらを使ってボリュームをもたせれば、シンプルなそばでも、満足感のある食事ができます。

 

 

そばによるダイエットをするときは、これら3つのポイントに注意して、なるべく効果が大きくなるようにすれば、成功しやすくなります。ただし、ダイエットは継続が大切なので、くれぐれも無理な食べ方はせず、楽しみながら取り組んでいきましょう。