炭水化物を味方につけるたった1つの方法

炭水化物はダイエットの敵!なんてよく目にしますね。

 

 

しかし、炭水化物、いわゆる糖質ですね。糖質を美味しく、しかも敵どころか味方にする方法もあるのです。まずは炭水化物を摂ると身体に何が起こるのか説明していきます。人間は何も食べないとお腹が空きます。お腹が空くと、ものを食べますよね。なんででしょう?実はお腹が空くという現象は、人間の血糖値が大きく影響しています。

 

 

胃が空っぽになるから反射的にお腹が空くのではないのです。血糖値を維持しなくては生命が維持できません。これは説明するまでもありませんよね。餓死してしまいます。この血糖値を上げる上で炭水化物がパワーを発揮します。炭水化物を摂ると血糖値が上がります。みなさん物を食べたあと眠くなりませんか?

 

 

それはこの血糖値の急上昇を抑えるため、脳がヘモグロビンという物質を出します。このヘモグロビンの力が血糖値をさげ、一時的な低血糖状態にしてしまうのです。このように人間は血糖値を維持しながら生きていくのです。しかし、この血糖値、いきなり上げると病気になりやすいのです。ヘモグロビンが正常に機能しなくなってしまうなんてことも…。ですが、実はこの血糖値を上げるスピードは食べ物によって違うのです。ざっくり言うと甘い物ほど血糖値を急上昇させやすく、逆に繊維質なものほど血糖値はゆっくり上がっていきます。血糖値がゆっくり上がっていくということは、つまりは腹持ちがいいということを表しています。

 

 

逆に血糖値が急上昇するものは腹持ちが悪いのです。お昼ご飯にケーキ食べたら満足度は高いもののすぐにお腹が減るのです。だから余計に食べてしまって体重がどんどん増えていく…なんて状況が起きるのです。この血糖値、これをゆっくり上げることはできないのー?ということですが、実はあります。甘い物=精製されているもの(砂糖etc...)が血糖値を急上昇させるのですが、つまりは精製する前の状態にして胃に入れてあげればいいのです。

 

 

炭水化物(甘い物を含む)を取る前には先に野菜などの食物繊維を胃に敷いておく。単純に先にお野菜食べましょうねって話です。そうすることで炭水化物、糖質が繊維に包まれた状態、つまり、繊維に包まれた状態と同じ状況を作ることができます。そうなると胃が炭水化物を消化し始める前に外側の繊維質から消化します。つまり、ゆっくりゆっくり糖質を取り込んでいくのです。

 

 

これが血糖値をゆっくり上げるコツです。最近トクホの炭酸飲料が増えましたね。あれはなん消化性デキストリンという物質が入っています。目に見えないくらいにまで細かくした食物繊維なのです。つまりあの飲料の正しい使い方は物を食べる前に先に少しでも飲んで、胃にその食物繊維を敷いた状態にしてから炭水化物を摂ることによって、精製される前の状態にする、というものなのです。こんな簡単なことでも意外と知識がないと意識しないことですよね。この方法を使って炭水化物を味方につけていきましょう。